Skip to content

イギリス弁護士の日英法務翻訳

日本語から英語への法務翻訳とは、翻訳者が翻訳の細部にまで注意を払うという事が大切なだけではなく、更に最も重要なのは翻訳後、翻訳者がクライアントと一緒に協力をし、その翻訳の正確さを極めていく事である。

イギリスのマンチェスターにある法律事務所での研修中、私は度々依頼人から預かった商業契約書類等(他の言語から英語に翻訳されたもの)の法的書類作成業務に携わっていました。しかし必ずといっていい程、この英語に法務翻訳された契約書類等は不自然な英語であり、大変意味が分かり難く、その法務翻訳者とは直接話が出来なかった為、クライアントが求める正しい意味での法的書類をまとめる事が大変困難でした。

弁護士として仕事をしてきた事と、日本語から英語への法務翻訳者として5年間、色々な種類の書類の翻訳をしてきた私だからこそ、本当の意味での専門的な法務翻訳サービスを提供することができると確信しております。

法務翻訳サービスが必要な方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

相談された情報等は極秘扱いとさせていただきますのでそうぞご安心下さいませ。